ソフト導入で効率化|高齢者住宅なら安心して住める【快適な暮らしを過ごせる】

高齢者住宅なら安心して住める【快適な暮らしを過ごせる】

手

ソフト導入で効率化

パソコン

介護ソフト

介護事業を行うさいに、必要となるのが介護保険報酬請求業務です。これは介護を行ったさいに介護保険から報酬を請求するために重要なものであり、介護事業を行う上で必須の業務です。これらの請求は、手計算や表計算ソフトなどを用いて行うことも可能ですが、請求書類に不備がある場合には報酬を得られるまでに時間が掛かるなど、大きなコストになります。このコストを改善するために専用の介護ソフトが提供されています。もちろん訪問介護ソフトもあり、訪問介護を行う上でも有益なものです。ソフトの仕組みとしては、パソコンにインストールして使用するもののほか、インターネット上のサーバーでデータを保管し、そのままダイレクトに請求が行えるASP型のものがあります。

導入すべきポイント

介護ソフトにしても訪問介護ソフトにしても選ぶべきポイントは共通してます。選ぶべきポイントは、コスト、使いやすさ、サポート体制、セキュリティ対策の4つです。訪問介護ソフトを導入してもコストが高ければ導入する意味がありませんし、使い勝手が悪いと入力に時間が掛かります。またASP型の場合にはインターネット上で大切な情報が保管されるという性質上、セキュリティ対策も重要なポイントになります。また有料の訪問介護ソフトを導入するさいにはサポート体制も重要です。報酬請求になれるまではさまざまなトラブルが予想されますが、それらを解決するためのサポート体制があれば安心してソフトを利用することができますし、介護保険制度の変更などを知らせてくれるところもあります。